ポポンデッタの新製品(JR貨物PR色、ワキ800秩父鉄道他)予約受付開始!

7078-1.jpg ポポンデッタの新製品情報が入りました! ご予約はこちらからお願いします! →ポポンデッタ新製品予約 9月末 7078 ワキ5000JR貨物PRカラータイプ 7079 ワキ800秩父鉄道 7080 トキ25000 7081 トキ25000白帯 7082 ホキ9800キリンビール黒塗装 8月末 7065 ワフ28000 7067 タキ5450ソーダニッカ 7068 ホキ8500三菱鉱業セメント 7069 ホキ8500三菱マテリアル 7071 タキ35000日本オイルターミナル黒色塗装 7074 トラ90000三段カゴ 今回、 7078 ワキ5000JR貨物PRカラータイプ 7079 ワキ800秩父鉄道 7081 トキ25000白帯 に関しては新規生産です。 ちょっと変わった貨車がラインナップ入りです。 ぜひ!

ポポンデッタ新製品予約受付開始!

7054-2.jpg ポポンデッタの新製品情報が入りました! 7050 タキ43000日本石油輸送色 7051 タキ43000エネオス 7052 タキ35000共同石油 7053 タキ35000JOMO 7054 レム5000 7055 レ2900 7056 タキ5450関西化成品輸送 7057 ホキ5700(異径ハッチ山形手すり) 7058 ホキ5700(同径ハッチ山形手すり) ご予約はこちらからお願いします! →ポポンデッタ新製品予約 jomoまーく.jpg

ポポンデッタ宇都宮フェスタ店限定商品発売のお知らせ

4月18日(木)、ポポンデッタの新しいお店「ポポンデッタ宇都宮フェスタ店」がオープンいたします。 ポポンデッタ宇都宮フェスタ店の詳しい情報はこちら。 開店を記念して宇都宮フェスタ店限定商品を発売させていただきます。 宇都宮フェスタ店限定品 ワム80000CGCエクスプレス(北廻り) 840円(税込) 昭和56年10月、全国の中堅・中小スーパーマーケットで構成されるCGCグループの「ザ・ビックフェア」PRの為、ワム80000が塗装され全国を巡航したのがCGCエクスプレスです。 _MG_0837.jpg この際の塗装を細部に渡るまで忠実に再現いたしました。 wamu saide.jpg 4/18(木)午前10時開店と同時に「ポポンデッタ宇都宮フェスタ店」店頭にて販売を開始いたします。 なお本製品は「ポポンデッタ宇都宮フェスタ店」店頭のみの販売となり、ポポンデッタ各店舗、通販本店での販売、受付などはいたしません。また事前予約等も承れませんので予めご了承下さい。また売り切れの際はご容赦下さい。 本商品に関するお問い合わせは全てポポンデッタ商品部(TEL03-3253-2941)までお願いいたします。フェスタ宇都宮ならびにポポンデッタ宇都宮フェスタ店、ポポンデッタ各店へのお問い合わせはご遠慮ください。

イオンモール高崎店限定商品 ホキ5700発売のお知らせ

当ブログでもお知らせいたしましたが、3月15日ポポンデッタイオンモール高崎店がオープンいたします。 ポポンデッタイオンモール高崎店の詳しい情報はこちら 開店を記念してイオンモール高崎店限定商品を発売させていただきます。 イオンモール高崎店限定品 ホキ5700(55777)山形手摺タイプ 1312円(税込) _MG_0299.jpg セメント貨車の代表的な車両であるタキ5700は、細部の違いによるバリエーションがいくつか存在します。今回模型化するタキ55777は天井部の三つのハッチ(積み込み口)が同径口のタイプで、車体サイドにある手摺り部分の形状が山形(台形)になっています。 三ヶ尻駅(熊谷市)を常備駅としてセメント輸送に活躍していた車輛でした。 この車両を忠実に模型化いたしました。 3/15(金)午前10時開店と同時に「ポポンデッタイオンモール高崎店」店頭にて販売を開始いたします。 なお本製品は「ポポンデッタイオンモール高崎店」店頭のみの販売となり、ポポンデッタ各店舗、通販本店での販売、受付などはいたしません。また事前予約等も承れませんので予めご了承下さい。また売り切れの際はご容赦下さい。 本商品に関するお問い合わせは全てポポンデッタ商品部(TEL03-3253-2941)までお願いいたします。イオンモール高崎ならびにポポンデッタイオンモール高崎店、ポポンデッタ各店へのお問い合わせはご遠慮ください。 高崎店オープンに併せて「イオンモール高崎鉄道フェスタ」も開催されますので、週末は是非高崎に足をお運びください。

鐵道模型堂 池袋東武店限定品 発売のお知らせ

注: 当商品はおかげさまをもちまして完売いたしました。ありがとうございました。 先日お伝えしました通り、ポポンデッタは3月1日より東武百貨店池袋店の鉄道模型売場の運営を引き継ぎ、「鐵道模型堂 池袋東武店」として再スタートいたします。 これを記念してポポンデッタ謹製「鐵道模型堂 池袋東武店」限定品をご用意させていただきました。 アイテムはこちら _MG_0038 (1).jpg ワラ1東武鉄道(Nゲージスケール 788円税込) _MG_0041 (2).jpg 車体番号違いでワラ102とワラ87の二種類がございます。 ワラ1は1960年代に広く活躍した二軸貨車の代表的存在ですが、同一設計で東武鉄道にて活躍した車両がありました。今回、ワラ1形の形式を付与され活躍したこの車両を忠実に模型化しました。 _MG_0041 (4).jpg 東武ワラ1の特徴である車両番号の下のラインをはじめ、表記類を忠実に再現。 _MG_0038 (3).JPG非常に小さな東武マークもタンポ印刷で美しく表示しております。 3/1午前10時開店と同時に「鐵道模型堂 池袋東武店」店頭にて販売を開始いたします。 よろしくお願いいたします。 なお本製品は「鐵道模型堂 池袋東武店」店頭のみの販売となり、ポポンデッタ各店舗、通販本店での販売、受付などはいたしません。また事前予約等も承れませんので予めご了承下さい。また売り切れの際はご容赦下さい。 本商品に関するお問い合わせは全てポポンデッタ商品部(TEL03-3253-2941)までお願いいたします。東武百貨店池袋店ならびにポポンデッタ各店へのお問い合わせはご遠慮ください。

ポポンデッタ第二弾製品発表!!

7003-1.jpg 手前みそながら、 ポポンデッタから新製品が発表されました! 2月中旬発売予定 7003 タキ3000 米国陸運輸送隊 7004 ツム1 7005 ホキ9500矢橋工業(カバー有) 7006 ホキ9500矢橋工業(カバー無) 7007 ホキ10000太平洋セメント(石炭) 7008 ホキ10000秩父セメント(石炭) 7009 ホキ10000秩父セメント(石灰石) 7010 タキ5450日本陸運 7011 タキ5450日本石油輸送 7012 ホキ5700小野田セメント 画像は、7003 タキ3000米国陸運輸送隊、通称「米タン」です。 今回からは専用のプラスチックケースを使用。 製品の詳細は、こちらに存分に書き連ねましたので、 ご覧いただけたらと思います。 特に新パッケージにはご注目ください。 →ポポンデッタ製品開発室ブログ また、こちらのページに、 製品紹介や、製品画像も置かせていただきました。 ダウンロード自由!ぜひ! ポポンデッタ通販店でのご予約はこちらにアクセスの後、予約フォームへお願いします。 →ポポンデッタ予約受付 全国の鉄道模型店でも、もちろん販売いたします。 お近くの鉄道模型店までどうぞ。

鉄コレ京急700形1月12日(土)からポポンデッタwith京急レッドトレインガーデン(品川店)でのみ販売開始!

img60407381.jpg ポポンデッタwith京急レッドトレインガーデン(品川店)限定で 1月12日(土)の開店時間(11:30)から 鉄道コレクション京急700形 2両セット の販売を開始します! 鉄道コレクション京急700形 2両セット 税込 2500円 お一人様4個まで 限定数 480個 本商品に関しましては、 ご予約は受け付けできません。 ご了承下さい。 品川店のホームページは下記です。 https://www.popondetta.com/shinagawa/index.html 大人気アイテムにつき、 売り切れ必至! 動力ユニット TM-06 トレーラー化パーツセット TT-04 も、もちろん取り揃えております! 品川店以外のポポンデッタでは販売予定はございません。

SLコーヒー列車セット発売決定!

cafelogo.jpg 今年7月、 ポポンデッタプロデュースのカフェが有楽町にオープンしました。 その名も、 「Cafe&Bar STEAM LOCOMOTIVE」 ↑クリックして下さい、公式ホームページにジャンプします。 おかげさまで、美味しいコーヒーとオリジナルメニューで大好評。 店内の大きなジオラマもフル回転です。 有楽町という土地柄、 会社帰りのお父さんたちのご利用が多いのかと予想していましたが、 早い時間帯には、 ママと僕でご来店いただけるようなお店になってまいりました。 ありがとうございます。 スイーツとお子様ランチを新たにメニューに加えました。 コンセプトは、こちらの漫画をご参照下さい。 SLのボイラーで焙煎した幻のコーヒーを緊急輸入! SLコーヒー.jpg この度、KATOさんのご協力の下、 このお店のコンセプトともなった、ホンジュラスの幻のコーヒー列車を模型化! 12月に発売見込みとなりました。 販売方法 商品名 STEAM LOCOMOTIVE COFFEE SL列車セット 販売価格=4980円(税込) Nゲージサイズ。 SL+貨車+客車(M)の、3両編成です。 発売日  未定(11月末〜12月予定・決定し次第、更新いたします。) Cafe&Bar STEAM LOCOMOTIVEで先行発売。 その約1週間後にポポンデッタ全店と通信販売店でも販売を開始します。 発売場所 Cafe&Bar STEAM LOCOMOTIVE有楽町店および、 ポポンデッタ全店と通信販売店で販売。 ご予約 ポポンデッタ全店と通信販売店では、事前予約を承ります。 (Cafe&Bar STEAM LOCOMOTIVE有楽町では、予約は受け付けません) *ご予約いただいたお客様の商品受け渡しは、 カフェの販売開始より一週間後のポポンデッタ全店の発売日と同日です。 通信販売店での予約は、こちらからお願いします。 SLコーヒー列車予約ページ *SLコーヒーのストーリーはフィクションです。

静岡ホビーショーに行って参りました。

title.jpg 毎年5月に開催される、模型の一大イベント 静岡ホビーショーに行ってきました。 名前の通り静岡で開催されており、 JR静岡駅から無料シャトルバスが運行中です。 業者DAYと 一般DAYで分かれておりまして、 木、金は業者DAYです。 鉄道模型の分野では「会場先行受注」のシステムがありませんので、 新製品発表会の色合いが強いです。 (プラモデル分野では「先行受注」と言って、 小売店がメーカーから〜円以上の買い上げることにより、 〜円キャッシュバックなんていう取り決めがあります) 土曜日と日曜日は一般の方でもご入場いただけますので、 ぜひ。 メーカーの方と直接お話しいただける、 おもしろい機会だと思います。 「〜をぜひ製品化してください!!」なんて要望をしておくと、 意外と真剣に考えてくれてくれます。 メーカーさんも、ユーザーさんの声はぜひ聞きたいと思っていますよ。 トミックス 今年一番元気だったのはTOMIXです。 うわさはちらほらありましたが、 ついにTOMIXから蒸気機関車が登場です。 C57-135です。 大宮の鉄道博物館のど真ん中にいる彼ですね。 TOMIXC57.jpg すばらしいです。 プラ成形でも、ここまでの細かなディテールを表現できるのだと、 素直に驚いてしまいました。 C57のもつスマートなプロポーションも忠実に再現。 一目見て、そのクオリティの高さを実感できるモデルです。 担当者様曰く、 実は、開発に3年もの期間をかけたとのことです。 TOMIXの意欲作。 今年の目玉になること間違いなし。 安全弁や手すりは金属パーツを使用、その他はプラ素材。 別パーツも織り交ぜて、とことんまでディテールを追求。 TOMIXC57テンダー.jpg テンダー側のライトも点灯。 TOMIXC57屋根.jpg 運転台上の明かり窓も開閉可能。 運転室ですが、実車さながらにスペースが空いております。 TOMIXC57足回り.jpg 車輪はもちろん穴あき動輪。 先輪がまたすごい。 実際のSLって、けっこう先輪の箇所から向こう側が見えるんですよね。 パーツの強度的に、ここを再現できているモデルは意外と少ない。 このモデルはリアルに再現です。 TOMIXC57ジオラマ.jpg TOMIXの今年のテーマの一つ「国鉄型」。 国鉄型はSL無しじゃ語れないと、密かに思っていたのですが、 やはりやってくれました。 その昔、TOMIXはC57と9600型をモデル化しておりまして、中古で稀に入荷するのですが、 今回の製品は完全に「仕切り直し」。 蒸気機関車がシリーズ化されるのであれば、今後にも大いに期待が持てます。 気になる価格ですが、 正式な価格はまだ発表されていません。 担当者様の弁では「高めになってしまうが、定価15000円以下にはしたい」というニュアンスでした。 発売は8月〜9月。 価格が発表され次第、当店でも予約の受け付けを開始いたします。 TOMIX209系京葉線.jpg 209系京葉線の試作品があがっていました。 帯の色もちょうど良い明るさかと思います。 こちらの商品は予約受付中です。 こちらからどうぞ →TOMIX新製品予約 TOMIX琴電HO.jpg HOの琴電です。 今度こそ発売できるとのことです。 一両完結のHOゲージは人気があります。 TOMY鉄コレLRT.jpg 鉄道コレクションのLRT富山ライトレールです。 想像以上にかわいいです。コミカル。 色遣いも良いです。 TOMY鉄コレLRTバリエーション.jpg 第1弾では3色が発売されますが、 他の色ももちろん発売計画に入っているらしく、 すでに塗装済のモデルがありました。 TOMY鉄コレLRT動力.jpg こちら、LRT用の鉄コレ動力です。 大変コンパクトにまとまっており、 それでいて、加減速もなかなかにスムーズでした。 この企画を使って、色々なボディを作ることができそうですね。 こちらの商品はただいまお得な先行予約受付中です。 こちらからどうぞ →TOMIX新製品先行予約 おもしろグッズが発表。 TOMIXサボ広告.jpg TOMIXサボ201中央線.jpg TOMIXサボリモコン.jpg 1/5のサボのみならず、指令板まで再現してしまうのがすごいです。 第一弾は中央線201系(70コマ)、関西線103系(53コマ)です。 このコマ数は実車と同じと言うことで、 予想外のコマもたくさん収録されていることでしょう。 手動サボも発売予定です。 TOMYトレーラーコンテナ.jpg トレーラーコレクション3弾のコンテナが展示されていました。 ほんっとうにどのコンテナも欲しいですね。 コンテナコレクションって、やらないのでしょうか。 TOMIX橋.jpg ジオコレの橋が展示されていました。 TOMYトンネルポータル.jpg こちらはトンネルポータル。 ウェザリング済のトンネルポータルははじめてですね。 トンネルポータルはGMも津川洋行も大人気商品ですので、 こちらも間違い無しでしょう。 KATO KATO223系.jpg 223系関空紀州路快速のケースが展示されていました。 GREENMAX GREENMAXの商品はいずれもこちらで予約を受け付けております。 →GREENMAX新製品予約 京阪9000.jpg 京阪の9000系新塗装。 トータルセットで発売予定です。 GM中庭庭園のビル.jpg おもしろい展示がされていました。 先日発売された ビジネスビルシリーズを使用して、 予想以上の建築物に発展させています。 GM立体駐車.jpg こちらは立体駐車場です。 これ、すごいですよね。 早速やってみたくなりました。。 GMパーツ.jpg こちらがパーツです。 マイクロエース マイクロ営団.jpg 営団6000系です。 独特のフェイスが魅力的なモデルです。 代々木上原で小田急線とコラボです。 マイクロ北総.jpg 北総9100系です。 公団時代の姿も見えます。 マイクロスーパーカムイ.jpg 789系スーパーカム・・・ではなくて、「エアポート」です。 塗装はまだですが、すっきりしたフェイスがよく表現できていると思います。 MODEMO MODEMOサーラ.jpg サーラ号が走っていました。 予想以上にカラフルな塗装です。 MODEMO江ノ電新500.jpg 江ノ電新500形第2編成が製品発表されていました。 増結T車のみのリリースになります。 丸みの帯びた表情が江ノ電の新機軸です。 バンダイBトレ Bトレサンダーバード.jpg Bトレの683系サンダーバードが発表されていました。 「今年の夏はコレで決まり!!」とのことです。 残念ながら、基本編成を撮影し忘れるというミスを犯しました。 BトレE233系.jpg こちら、6月発売予定のE233系。 待ち遠しいです。 東京マルイ いろいろとガタゴタしている東京マルイさんですが、 ようやく、増設用プレートと、通常のレールが発売されることになりました。 東京マルイレールセットいろいろ.jpg 通常のレールはまず車両とのセットとして発売されます。 クラウンモデル Zゲージつながりで、クラウンモデルもようやくEF64を発売できるようです。 6月出荷。 クラウンモデル.jpg 近日中に予約受付を開始いたします。 会場では、EF64の茶色や、新貨物更新色も展示されていましたが、 まずは一般色から発売とのことです。 その他、 ワム80000の3両セット タキ43000の2両セット コキ104の2両セット も発売予定です。 ブランド名は「PRIMOLOCO」です。 さんけい 絶好調のさんけいにみにちゅあーとシリーズ 新作が発表されていました。 さんけい小さな建物.jpg ぜんぶ1/150スケールです。 街の小さな建物が発売。 本当に紙とは思えません。 HOゲージでエコーモデルさん、ヒルマモデルクラフトさんあたりがやっている 「小物」系を、さんけいさんに期待できるのではないでしょうか。 ぜひぜひ!! さんけいの商品はこちらで取り扱っております。 さんけい TAMIYA TAMIYAテクスチャーペイント.jpg タミヤからジオラマに使えそうな素材が発表されていました。。 グレインペイントと似たコンセプトの、ジオラマ用の塗料です。 「塗る」事に加えて、粒子が大きいので「盛る」ことも可能です。 砂浜や、土の表現に最適。 草の表現の製品も発売予定ですが、 ちょっと粒が大きすぎてNスケールには難しいかなと思いました。 TAMIYA泥.jpg こちらが塗り例。 塗り方次第で色々な表現ができます。 以上です。 今回の模型ショーではとにかくTOMYTECが精力的なのが印象的でした。 C57には期待してしまいますね。 GM、MODEMOも充実していますね。 このあとは8月のJAMにまた色々な新製品の発表がされます。 今回、諸事情から商品提示があまりなかったKATOさんが夏には、 年末アイテムの発表をぶつけてきてくれるに違いありません。 期待しちゃいましょう。